公用文における日付、時刻、時間の書き方|市役所or市の使い分け方

公用文における日付、時刻、時間の書き方|市役所or市の使い分け方

スポンサードリンク

公用文における日付、時刻、時間の書き方|市役所or市の使い分け方

その他にも、公用文を作るときに以下のような注意すべき事項があります。

 

日付、時刻、時間の書き表し方

日付、時刻、時間は次のように書き表します。

(1) 日付

特に定めのある場合を除き、元号による表示をします。
ただし、特に理由のある場合は、例外的に、西暦あるいは併記により表示します。

 

(2) 時刻

特に定めのある場合を除き、24 時間制による時刻の表示はしません。
また、「午前 12 時」、「午後 0 時」、「午後 12 時」という書き方はせず、「午前 0 時」と「正午」
を使用します。

 

午 前(午前0時~) 正午 午 後(正午~午前0時)

(例)午前0時30分
午前11時30分

12:00ジャスト

(例)午後0時30分
午後11時

 

省略を使用するときの例

日付 時刻 時間
通常の場合 令和3年3月31日

午前9時30分
午後5時15分

5時間30分
14時間

省略する場合
(表の中などで使う場合)

令和3.3.31
令3.3.31
3.3.31

午前9:30
午後5:15

 

○○市or○○市役所

(1) 公共団体、行政庁、機関、組織、職名などを表す場合は、「○○市」とします。

例 ○○市教育委員会、後援○○市、○○市総務部、○○市副市長

 

(2) 区の事務所、庁舎、所在地、場所などを表す場合は、「○○市役所」とします。

例 ○○市役所玄関、○○市役所 3 階総務課、
○○市役所内○○市○○連合会事務局

 

公文書の書き方が分かりやすく学べるおすすめ書籍

スポンサードリンク

トップへ戻る